契約書を翻訳するとなった時の「ポイント」

Translation Office

海外とのやりとり

最近は何かと、インターナショナルな事が増えてきていませんか?
国際化というんですかね、外資系の会社が増えてきたり、それに色々な分野で海外の方とのやりとりが何かと増えてきていると思うんです。
みなさんもそれはよく知っていると思います!

そんなわけで、色々な場面がそのインターナショナル化してきていると思いませんか?
実は最近私もそういった出来事を知ったんですよね。

それは何かといいますと、「契約書」ってあるじゃないですか。
あれの「翻訳」です。

契約書をみるのはもう、日本人だけではないんですよね。
当然な事だとは思うのですが、そういった業界の事を知らずに過ごしてきた私にはちょっと衝撃的なものでして色々と興味を持ちました。
翻訳って色々な場面に使用されていますよね。
例えば小説や絵本などの本とかもそうです。

そんな翻訳ですが、今回私が興味をもったのは契約書の翻訳といったものです。
契約書はみなさんも知っている通り、かなり重要な役割をしているものですよね。
そういった事からも、正確さや信頼が大切ではないかと思ったりします。

現在契約書の翻訳依頼を考えている方、またその予定がある方もたくさんいると思います。
そんな方にむけても今回調べてみた事をまとめて紹介してみたいと思います!

英語の翻訳なら【英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ】